楽曲評論家クソDDのアイドル三十七房

アイドルの話しかしません。

ボールゾーンをかすめるストライク球。

俺このブログで何回BiSHの話するんだ。

 

とりあえずこのMVを観て俺は思った。あ、かっこいいわと。

「世界!ふしぎ発見」のOPっぽい冒頭が流れた後、おもむろに飛行機の上で歌いだすメンバー。全編にわたってちょっとオフトーンで乾いた色味なのに、サビに向かうまでがAメロ・Bメロ・Cメロ・Dメロというなんともぶっ飛んだ構成なトラックと、それぞれが持つ発煙筒に見える分かりやすい鮮やかさの対比。

3:24~のアユニさんソロパートなんか見てて泣けちゃうよ。1年前初めてZepp Tokyoに立ったとき小刻みに震えてた道産子少女が、いつの間にこんな表情豊かな表現力を持ってして歌い上げることができるようになったのか。

どことなくダークな雰囲気を醸し出すハシヤスメ、狂気じみたアイナの振り付けがビッキビキにハマってるリンリンのフォーク突き、ラスサビ前のアイナのロングトーン、どこをとっても一級品のクラシカルロック。

 

ともかく、こんなMVを作ってきたり、何の前触れもなくタワレコ限定で300円CDをリリースしてたりと2ndAlbum発売前のキャンペーンにみっちり飲み込まれた僕はここ最近食い入るようにBiSHを聴いています。

ちなみに2ndAlbumの「THE GUERRiLLA BiSH」は11/6の23:59までiTunes Storeでも配信版が300円で買えます。

THE GUERRiLLA BiSH

THE GUERRiLLA BiSH

  • BiSH
  • ロック
  • ¥300

僕はCDを買いに行けなかったのでこっちを買ってもう5周してます。そんな状態でもあと8周はとりあえず聞きたいと思ってしまう、超が50個ぐらい付く名盤なのでぜひ買って聴いてください。良いなと思ったらCDも買ってね。リリースは11/29です。

未定(AL+Blu-ray Disc)(初回生産限定盤)

未定(AL+Blu-ray Disc)(初回生産限定盤)

 

 

BiSHといえば、去年あった「NEVERMiND TOUR」の幕張メッセファイナル公演が今月頭にBlu-ray化された。ちなみにこれもアマゾンで買えますので。買って。マジで。

自分もこの現場にいたけど、何回観てもとにかく最高。最高。それ以外の言葉が見つからないぐらいの空気感があの日あの場所にはあった。

BiSHは今でこそ「楽器を持たないパンクバンド」というカッコいいんだかどうなんだか僕には判断しかねるキャッチフレーズのもとに活動しているが、そもそもBiSの流れを汲んでいるグループなので決して正統派路線なわけではない。BiSが横浜アリーナやったときも同じ感じだったし、でんぱ組が武道館やったときとか、清竜人25が同じように幕張やったときとかと同じ感じだったような気がする。

 

正統派じゃない。めちゃめちゃアイドル然としているわけでもないし、なんだったらそことは真逆のルートをずっと初期から歩んできた。そもそも正統派のアイドルをやろうと思ったらオルタナとかメロコアの路線は第1段階でストライクゾーンから外れていく運命にある。電波ソング、一夫多妻制、オルタナ・パンクといういわゆるボール球路線を選んだのがでんぱ組であり、清竜人25であり、BiSHだった。

 

野球好きな人は分かると思うけど、最高に気持ちのいいストライクってど真ん中じゃないじゃないですか。もっとこうストライクゾーンとボールゾーンの、際どいギリギリのところを掻い潜って「いいコース」に決まったときのストライクこそ最高に気持ちがいいわけじゃないですか。もう、それ。つまりはそういうこと。白井球審的に言うとアァァァァァァァイッッって感じだし敷田球審的に言うと卍。

f:id:b115058:20171106020432j:plain

最近は乃木坂とか欅坂とか、スタダ系やハロプロ系みたいないわゆるど真ん中ストライクも知る努力をしようとはずっと思ってるけど、もちろんそこにはそこの良さがありつつ、それでもやっぱり「いいコース」に決まっているグループのことを推したくなる性分にあるんだなあと思いました。僕だけじゃなく、一定数そういう種類の人間がいるからBiSHは幕張でやれたんだろう。

 

とにかくもう1回言いますけど本当にお願いだから「THE GUERRiLLA BiSH」買って聴いてください。1日1本うまい棒食べるの我慢したら1か月で買える額だぞ。iPhoneXだって分割して考えればコーヒー1杯より安いんだから。ティム・クックもBiSH聴け。

f:id:b115058:20171106021619j:plain

観た人を殺す映画を観てきました。

予告で殺す気か。

 

f:id:b115058:20171102190325j:plain

「先生!、、、好きになってもいいですか?」を観てきました。

ぜひ好きになってもらいたいもんです。ええ。

 

映画の内容と関係ないけど、自動券売機作った人は偉大だね。こんなタイトル窓口のお姉さんに面と向かって言う自信ねえよ。「おっぱいバレー」レベルの難度。

 

とりあえず広瀬すず演じる女子高生が、生田斗真演じる先生を好きになってしまうというストーリー。スマホ中毒の中高生にも優しい分かりやすい設定ですね。

女性はまあ普通に見てもらってキュンキュンしてもらえばいいんじゃないですかね。男性は最初から最後まで生田斗真をブッ飛ばしたくなる映画だと思います。

あんだけ広瀬すずに一途に想いを告げられて思いとどまる日本人男性は恐らくいない。いるとすれば男として何か大事な要素を生まれ持っていない可能性が大なので、今後の自分の身の振り方をはるな愛あたりに相談したうえで、念のためにミス・インターナショナル・クイーンの選考応募用紙をもらってこよう。

 

f:id:b115058:20171102192844j:plain

生田斗真が学校の先生してても「女っ気のない地味な先生」っていうレッテルを張られる世界線。どんな学校だ。お前らの理想は標高何メートルだ。

とりあえずこの先生がまぁ~~~煮え切らない。雰囲気だけ匂わせておいて明確な結果を示さない、よくありがちな色男にしかできない手法。劇中ではやたらと「大人」呼ばわりされる、他人を傷つけないためのその中途半端な感じと、それにやきもきする広瀬すずのかわいさを堪能する映画だと思ってもらえればおおよそ間違いないです。

 

f:id:b115058:20171102193451j:plain

ただこの広瀬すずという人、あまりにかわいすぎるがゆえにただただかわいい若手女優さんという位置づけにされがちだがしっかり見てると演技がマジでヤバい。

去年の「怒り」とかこないだの「三度目の殺人」とか、おおよそロマンスものとは程遠いシリアスでハードな作品もこなしつつ、こういうよくある恋愛映画もめちゃめちゃスクエアにハマってしまうという無敵さを兼ね備えている。あとかわいい。

今回もご多聞に漏れずちょっとした仕草や表情にグッと引き付けられる。

あと俺昔から割といろんなとこで言ってるけど、広瀬すずのショートパンツは凶器。弱った人なら殺せると思う。取扱注意だよマジで。

 

あと個人的には、劇中で響(広瀬すず)の親友役をやっていたのが森川葵さんだということにエンドロールまで気づかなかった。

f:id:b115058:20171102194157j:plain

やっぱ女優さんってすげえな。この人が「TOO YOUNG TOO DIE!」でフルート吹いてた女の子だと全く思えない。未だに思えない。鶴瓶師匠もびっくりだわ。もうA-Studio出てくれないのかな。

 

 というわけで、日々にお疲れ気味な男性にこそ観てほしい恋愛映画でした。

ぶっちゃけ「ナラタージュ」よりこっちのほうが僕は楽しめました。

箇条書き2017.10

正直ここ最近いろんなジャンルのいろんなことにいろんな形で首を突っ込みすぎて本格的にキャパシティが限界を迎えています。

ブログの更新頻度が下がるのもアレだしそもそもこの場所は自分の備忘録でもあったりするんで何か書き留めておきたいんだけど、話したいことが多すぎて何からどう整理して書けばいいのかの整理がつかなくなりました。

なので全部箇条書きにして話した気にします。時系列は順不同。

 

 

清竜人25のラストコンサートBDが届いたので観たそして泣いた。「ボーイ・アンド・ガール・ラヴ・ソング」でこみ上げる感情を全部芸術に昇華する竜人くんイケメンすぎ。あと最近流行りの「2.5次元」って清竜人25のことだよね。現実と空想のちょうど間。綺麗な狭間を攻めてた。と思って調べてみたら「日本2.5次元ミュージカル協会」っていう一般社団法人が存在することにクールジャパンの深淵を見た。

 

仮面ライダービルドの脚本のテンポ感に5話現在ついて行けてない。あとフルボトルのプレイバリューがヤバい。あのシャカシャカアクションはいかにもハンドスピナー的な手元遊びを彷彿とさせるけどとっくの昔にYouTuberには飽きられてるぞ東映

 

ポッ拳始めたけどガチ勢が多すぎて全然勝てない。

 

○「あさひなぐ」を見に行って、なぎなたを幼少時代からやってない自分の人生に絶望した。原作を全部読んでもう1回見に行ったけどキャラクターのマッチングが天才。ただ乃木坂寄せ集めて映画にしましたみたいなのだと思ってたけど完全に旭は旭だし真春は真春だったし何より寿慶さんが完璧だった。元気出しましょ!

f:id:b115058:20171005013057j:plain

あとあさひなぐの原作買ったときについてきた乃木坂のクリアしおりが余り倒してしょうがないので欲しい人ご一報ください。

 

○尾崎裕哉「SEIZE THE DAY」が最高すぎた。これを見た全員聴いて。



Hi-STANDARD「THE GIFT」は出来の如何に関わらず全員聴いて。

 

○もがちゃん脱退の傷が未だに癒えていないので、俺に会って軽々しくその話を振ってくる人を全員頭の中でボコボコにしています。ご了承ください。

 

○最近の闇落ちした平手友梨奈をTIFやRIJFでこれでもかというほど見せられた後の「風に吹かれても」のMVは逆に狂気じみてる。笑えねえ。キレがすげえけど逆に「人ではない何か」感がマシマシ。あとここ最近の小関、急に可愛くなりすぎ。

あと葵ちゃんは完全にスーツ着た小学生。

f:id:b115058:20171005010952j:plain

 

 

RYUTistの「柳都芸妓」に入ってる「涙のイエスタデイ」が良すぎて新潟に移住したい。

 

○「New みんなのGOLF」のカートの操作性の悪さが世紀末。

 

○「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL」で福士蒼汰が5年ぶりにフォーゼになって映司もアンクも紘汰も帰ってくるっていうのがどれだけの大ニュースかよく分からない人は下の動画を見てください。

 

○乃木坂からまりっかが卒業するのでしばらく浮世から離れます。

 

 

 

 

 

ではまた。

今頃乃木坂にハマっている奴がドルヲタを気取るのは変ですかね?

人生というのはよく分からないものだ。

 

10年前の僕はと言えば一端のギター小僧だったはずだ。

初めて手にしたフォトジェニックのレスポールの裏側にGiGSの付録についてきたバンドのステッカーをたくさん貼って、使いこなせもしない空間系のエフェクターと一緒にスタジオに持ち込んで、ペラッペラの音でセッションをするのが何よりも楽しかった。

流れるように邦楽ロック至上主義者に成り下がったあげく、EXILEとかジャニーズとかそれこそ女性アイドルとか、いわゆる表舞台にバンバン出てくる大衆アーティストみたいなのがクソほど嫌いだったくせに、Mステに好きなバンドが出るときだけクレヨンしんちゃんが始まる前からテレビに噛り付いてビデオ録画まで徹底していた、そんな鼻糞のような10年前ぐらいの自分。タトゥーのときのビデオテープを、上から弟が「学校へ行こう」で潰したときはめっちゃヘコんだし未だにちょっと根に持っている。

そんなやつでも10年経てばSMAPのベスト盤を聴いてノスタルジーに浸り、劇場でHiGH & LOWを見てうおぉ~って言い、そして行き着いた先はアイドルヲタク。

 

そして僕もついに、仕事終わりに家に帰って自分が1日浴びた世俗の汚れを乃木坂関連の動画を見ることで浄化しにかかるような大人になってしまった。10年前の俺が最も毛嫌いしていたタイプの大人に自分がなってしまった。いかに10年前の自分が思慮浅かったかがよく分かる。毎日幸せでしかないんですよ最近。

人の人生というのはよく分からないものだ。それにしてもまりっかくそかわ。

 

アイドルにハマる人にとって乃木坂なんて入り口的な存在であって、そこからずぶずぶ沼にハマっていくパターンが多いのかもしれないが僕は全くその逆で、何故かまず地下に潜ってディぐった後に地上に上がってきて、乃木坂とかハロプロとかスタダとかメジャー系で酸素を補給しているという現状にある。

4th Birthday LiveのBlu-rayとか最近ずっと見てるけどあんなのしっかりちゃんと見てたら3日間余裕でかかるよ。ディスク4枚組10時間越えってなんだそれ。AV女優が引退するときに出す総集編か。

 

 

ひめたんの卒業が発表され、いい加減に世代交代の波に抗えない乃木坂。

年齢のことを考えても1期生各位の卒業もそんな遠くないだろうし、いよいよ1期生若年層や2期生が中心になっていくことになると思う。となるとこのまりっか推しです。伊藤万理華。最近界隈でおなじみの「上着の肩をわざと落として着ちゃう」系女子。

f:id:b115058:20170825030518j:plain

りっかがもし今後選抜でセンターをやることにでもなったら、アンダーと選抜両方でセンターになる唯一のメンバーということになるのか。心が躍るなぁ!永夢!

あとは不動のエースと化した飛鳥ちゃんにも頑張ってほしい。

f:id:b115058:20170825031136j:plain

飛鳥ちゃん顔ちっちぇ~。実物みたことないけど小玉スイカぐらいでしょ。多分。

 

乃木坂のライブ映像を見れば見るほど思うことなんだけど、こういう規模になっちゃったアイドルはもう会いに行っちゃいけない気さえする。もう、霞むもん。

手なんて届かないもん。下手すりゃモニターに映る姿しか見えないし、神宮のスタンドからだと歌って踊るメンバーなんて正直豆粒にしか見えないと思う。昨今のアイドル界で勃興した「触れられそうで触れられない距離感」という平成アイドルの根底にあるイメージを崩してしまう気がするんだ。雲の上感が半端ない。逆に、絶対におれたちの手が伸びてこないホーリーエリアの中で生きていってほしいとすら思う。

かと思えば、こっち側から向こう側をわざわざ遠ざけようとするような悪行を握手会でやっちゃうバカがいたりするし。規模が大きくなると同時にファンも増えているわけで、母数が増えれば増えるほどヤバい奴が混ざる確率もぐんと上がる。確変。

こうなってしまった以上、誰も近づかずに細々と草葉の陰から見守る程度が一番心地いんだよ。ドルヲタたるもの、推しがこの世に存在しているという事実だけで幸福であるという境地にいずれは至らなければ。聞いてるか世のピンチケ。お前とお前に言ってるんだよ。わかったらそのクソリプはそっと下書きにしまっとけ。

 

僕は藤咲彩音さんがこの地球上に存在しているだけで幸せです。

f:id:b115058:20170825034358j:plain

始まらずして終わった今年の俺の夏について話します

気付いたら2か月前に「昼顔」見た時点でこのブログの時間が止まってた。

 

皆さん、夏、どうですか?

夏、やってますか?

 

いいよ。全然いい。祭りだろうと花火だろうと海だろうと川だろうと行けばいいよ。俺の夏もう終わったから。始まらずして終わったから。

f:id:b115058:20170806214035p:plain

去年の今頃、俺行ってたんですよ。TIF2016に。

で、今日終わったんですよ。TIF2017が。

 

もう、おしまい。夏。TIPの公式LINE通知を職場で受け取ってる時点でもうおしまい。というより何となく「あっ、今年、行けねえな」って感づいた時点で俺の夏は終わった。

 

行きたかった~~~~~。

乃木坂3期生もエビ中もSTUも観たかったし、どうせ「星が瞬く夜に」しかやらないBiSHも、どうせ腕相撲で酒井瞳に負けて泣く森ティーも、どうせ外まで立ち見で入れやしないスナックうめ子も、どうせSKY STAGEでヲタをバカにする寺嶋由芙も全部見たかった。

アイルネめっちゃよかったらしいし。スマイルの大トリを務めるまでに成長しておじさん泣いちゃうよ。

ああ~~~~~、来年こそ。来年こそね。

 

そんな、TIFに行けなかったために始まらずして終わった俺の夏にあったことといえば清竜人25 ラスト♡コンサート」で号泣したことぐらいで。

f:id:b115058:20170806215545j:plain

f:id:b115058:20170806215557j:plain

ヤバかった。マジで。泣くかなー泣くかなーと思って幕張まで行ったけど結果泣いた。福岡のツアーファイナルを見て、最後を見ることを諦めきれなくなったあの時の俺に万歳。良い判断だった。これを見届けられたのは一生の宝。

一番最後の曲が「ボーイ・アンド・ガール・ラヴ・ソング」で、ああ、このためにこの曲はあったんだなというか、6年かけて巨大な伏線を回収しにいった清竜人の天才さ加減に脱帽。25をつくって、最後までやりきってくれて本当にありがとう。

 

そんな、俺の2017年・夏でした。もう正直あとは消化試合。早く寒くなれ。

 

 

と思ったけど、今日大事件が2つありました。

「幸せ」って、何だと思います?

まあこんなご時世、何をするにもお金がかかるわけじゃないですか。

 

食べるのにも、着るのにも、住むのにもお金がかかる。音楽を聴くのにもお金がかかるし、本を読むのにも、もれなくお金がかかる。

Youtubeニコニコ動画を見るのだって、パソコン機器を買うためのお金がかかっているし、そもそも電気代がかかっている。

昨日僕が「昼顔」の映画を観たのにも、もちろんお金がかかっている。ハッピーマンデーだったので通常料金1800円から700円引きの1100円で見れました。

いつか絶対言いたいと思ってたんだけど、わざわざ月曜日狙って映画観に来る人って本当に映画で感動しようとしてる?「いつもより安く映画観ちゃった♪」っていう感動が映画の感動超えちゃうんじゃね?

 

f:id:b115058:20170612233603j:plain

 

「昼顔」はおもしろかったです。ドラマ観てた頃からずーっと感じてたことだけど、上戸彩がスクリーンに映るたびに

“この人、いろいろやってるけど実生活はHIROの嫁なんだよな”

って脳裏によぎってしまう自分が嫌になること以外は楽しめました。

 

 

 で、「昼顔」見てて思ったんだけど。これ。

「幸せ」って、なんなんですかね。マジで。

 

 

劇中紗和さんが「私は幸せになろうなんて思ってないんです」みたいなこと言うんだけど、もう俺の中の全員の俺が同じトーンでツッコんでたよ。「いや、じゃあオマエどうなりたいんだよ!?」って。

 

だって紗和さん的には北野先生と結ばれることは「幸せ」そのものなわけじゃん。その事実そのものが幸せなのに、そうなることは自分にとって幸せじゃないってなんだそれ。とんでもねえ自己矛盾だよ。いわばエゴとエゴのシーソーゲームだよ。

 

「幸せ」がどういうものかっていうのは人それぞれじゃないですか。当たり前だけど。だからこそ、捉え方がマジで人それぞれ分かれやすい映画だなと思った。あのエンディングも、あれはあれで幸せだと思う人がいるかもしれない。

 

だから、劇中で紗和さんが何を「幸せ」だと思っていたのかをどう捉えるかによって、見方が全然違ってくる映画な気がしました。

ちょっと叙述トリックっぽいよね。

 

僕にとっての「幸せ」なんて、もう欲しいもの買うとか、聞きたい曲聴くとか、観たい映画観るとか、行きたいライブ行くとか、友達と飲むとか、結局そういうのに帰結すると思います。今は。いずれ変わるかもしれないけど。行きたいライブに行けない人生なんて基本的にはクソ。

 

 

学生時代お世話になった先生とこういう話を昔したことがあって、その時に言われたことが自分にとってはめちゃめちゃセンセーショナルで、今までいろんな人にいろんなこと教えてもらった中でも一番大事にしてることかもしれない。

 

だから「昼顔」見てるときは、なんかずっと先生の顔思い出してました。

本当すいません。せめてもう1度だけなんて思ってないです。

 

もう1度だけってなんだよ。1度目がねえわ。

 

 

「でもまあ、仕事なんて結局ただの手段やから。手段が目的になっちゃいかん。やりたいことをやることが目的であって、その為に仕事をするのはいいけど、一生懸命仕事をすることそのものを目指してはいかん。極論、やりたいことをやるためのお金さえ入ってくれば仕事なんかなんでもええし最悪せんでもええ。宝くじ当てるか馬か舟か当てればええ。やりたいことが仕事そのものの場合は別やけど、地道に稼ぐのが一番確実なだけやから。仕事なんて二の次やで。やりたいことやりたいときにやらな、明日事故で死んだら後悔するで」

 

清 竜人25「メーク♡ラブ♡ツアー」@福岡BEAT STATION

f:id:b115058:20170601001510j:plain

清竜人25が、来月解散する。

 

解散前の最後のツアー、その千秋楽はまさかの初福岡。

もちろんチケットはソールドアウト。発売開始と同時にチケットを取った2017年初頭の自分の頭を撫でてやりたいレベル。

よくチケット取ってくれたよ、年明け直後の俺。よくこのライブに行かせてくれたよ、春を待っていたであろう俺。案ずるな、心配しなくても5月末に斎藤佑樹は久しぶりの本拠地白星を挙げるから。1軍と2軍行き来してても長い目で見てやってくれ。

いや、それは今はどうでもいいんだ。よくないけど。おめでとう佑ちゃん。次の登板が肝心だから。まぐれ呼ばわりされないように、次は6回7回投げきってほしいね。やっぱ立ち上がりは高めに浮くっぽいから、うまく低めに集めてゴロアウト量産できれば7回100球ぐらいでいけそうだよね。

 

あ、本題に戻ります。

 

 

結成したてのころは、センターが男だとか女の子は全員清竜人の嫁だとか、突拍子もない設定に翻弄されて何かと色物扱いされてきたこのグループ。

ところがどうだ。結成から3年。人気絶頂の只中にもかかわらず解散宣言をし、今にも伝説になろうとしている清竜人25は、色物グループどころか「アイドル」としてあまりにも完成され尽された一つの正解になってしまった。

 

ステージ上で繰り広げられるのはひたすらハッピーな楽曲の中でイチャイチャする旦那と嫁の構図。こうやって文字にするとなんかアレだけど、あのステージを実際目の当たりにしてハッピーにならない人はいない。

 

ところが、周りはみんな泣いていた。俺も泣いた。隣にいた全然知らない、多分地元から来たであろうあんまりライブ慣れしてないのに号泣してる、NewERAのキャップ被ったハタチ前後の青年に半ば無理やり肩組まれながら泣いた。あの子は絶対優しい大人になれるよ。いい嫁さん見つけて幸せになれよ。どこの誰だか知らねえ奴といきなり肩組んで泣き出すのはライブハウスと居酒屋だけにしとけよ。

 

だって、こんな最高なのにもう見れなくなるってさ。ありえねえよ。

 

f:id:b115058:20170601005245j:plain

 

ちなみに5月29日は第6夫人の清可恩さんの誕生日だった。

それもあってライブ当日(30日)はピンクサイリウム染めの生誕企画が有志の方々によって実施された。本当、ああいうのを企画して巻き込んでやってくれる人たちには頭が上がらない。

 

「The♡Birthday♡Surprise」の落ちサビで一斉点灯、泣き崩れる可恩さん、泣き崩れる俺。ケーキを持って登場する竜人くん。拍手とピンク色で溢れるフロア。この状況を「幸せ」と呼ばずして何と呼べばいいんだ。これ以上適切な語彙は俺の中にないよ。誰か教えてくれ。辞書引いてくれ。

他のアイドルには存在し得ない感情が清竜人25にはある。だって他のアイドルに旦那いねえもん。成立しねえもんこんなの。曲もハッピー極振りだし。

 

本編が終わって、アンコールが始まって、「25♡」が流れたらやっぱりまた泣いちゃって、それでも最後は「LOVE&WIFE&PEACE♡」で終わらせてくれるあたり、やっぱり涙じゃなくて笑顔で終わるライブに仕上げてくれた。

 

この曲、本当、天才的に幸せだから。聴いて。マジで。

 

冗談抜きで、こんなグループいる?他に。

もちろん他にもいいグループはたくさんある。ただ、他のグループが向けない方向を向いて、ここまで突き詰めて完成されつくしたアイドルってやっぱりどこ探してもいないし、今後も絶対出てこない。出てきたとしても25は超えられない。

これぞアイドル。一大ムーブメントだよ。WOW WAR TONIGHTだよ。TKも25のライブ見たら涙流して隣の知らない奴と肩組んだりしちゃうんだろうな。

願わくば、清家と清家を好きな人たちが、一生この幸せを抱え続けたまま生きていければいいなと、思わされてしまうライブでした。

 

 

清竜人25が存在する時代に生まれてこれて、俺は幸せだよ。