読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽曲評論家クソDDのアイドル三十七房

アイドルの話しかしません。

「マイティブラザーズXX」、ヤバくない?

※1/22 追記

仮面ライダーパラドクス パズル&ファイターゲーマーレベル50とかいうとんでもねえ奴が出てきたので、この記事はなかったことにしてください。

 

 

 

             f:id:b115058:20170111212627j:plain

俺の語彙も死ぬわ。

おそらく、俺が知りうる限り、最強にヤバい強化形態が出てきた。

 

みんなエグゼイド観てる?3話時点では凡作と言ったが、貴利矢さんが死んだ(消滅した?)時点で超傑作にレベルアップした。バクソウバーイク!

それで思ったけど、俺って中心格のライダーが序盤でフェードアウトする展開大好きなんだな。カブトの完全調和でおなじみ矢車さんとか。

f:id:b115058:20170111211932j:plain

 

ちなみにエグゼイドをあまり見ていない人のために簡単に説明しておくと、ゲームがテーマの今回の仮面ライダーは「ガシャット」と呼ばれるゲームソフト的なものをベルトに挿し込むことで変身する。

このガシャットは一度に2本までベルトに挿すことができて、その組み合わせ次第でどんな種類の・レベルいくつのライダーに変身できるかが変わる。例えば、主人公が使うガシャットは「マイティアクションX」で、これを使うと最大レベル2までの「アクションゲーマー」に変身できる。「マイティアクションX」と「ドラゴナイトハンターZ」を2本同時に使うと、レベル5の「ハンターアクションゲーマー」に変身できる。

f:id:b115058:20170111212012j:plain  f:id:b115058:20170111212030j:plain

(エグゼイド アクションゲーマーレベル2 ← / →エグゼイド ハンターアクションゲーマーレベル5)

要するに挿すガシャットの種類やガシャットの組み合わせによって自分を強化していくスタイルなわけだ。近年で言うとフォーゼに近いシステムになるのかな。

 

ところが、録画してた第13話をさっき見たところとんでもねえガシャットが現れた。それが「マイティブラザーズXX(ダブルエックス)」というガシャット。放送開始前から誰もが予測してた「2本分のスペースに1本挿しする特大サイズのガシャット」が遂に登場したんだが、こいつで変身できるダブルアクションゲーマーレベルXXの能力がパない。エグい。ヤバい。

f:id:b115058:20170111210751j:plain

その能力がこれ。「2人になる」。

ちなみに分身だとか幻影みたいな形で自分が複数に増えるパターンの技はいままでにも存在した。例えばナイトは「トリックベント」、ディケイドは「イリュージョン」のカードを使って分身してたし、オーズのガタキリバはもう数えきれないぐらいに分身する。

しかしそれも効果時間内のみの話で、ダブルアクションゲーマーレベルXXのヤバいところは、「基本形態が2人」というとこで、実はどんな強化形態よりもこれが一番ヤバいんじゃないかと思う。

 

過去平成ライダーの強化形態パターンを振り返ってみたとき、おおよそ2つのパターンに分類される。「地の力がめっちゃ強くなるパターン」と「そのフォームでしかできない特殊なことができるようになるパターン」の2つだ。

ほとんどの最強形態は前者に振り分けられる。圧倒的な攻撃力と防御力とスピードと特殊な武器と、あわよくば「今までのフォームの武器や必殺技を全部使える」みたいな反則めいた特徴を持ち合わせているにもかかわらず全く劇中では使用しない。そんな最強形態がほとんど。

後者に振り分けられる形態は数少ない。カブトのハイパービートルとディケイドのコンプリート、電王のライナーぐらいのもんだろう。

ハイパービートル…過去への時間移動ができる

コンプリート…平成1期ライダーの最強形態を呼び出して行使することができる

ライナー…イマジンが憑依しない良太郎が変身すると基本的にはめちゃめちゃ弱いため、イマジンたちと会話してサポートを受けることができる

 で、ここに出てきたダブルアクションゲーマーの能力、「2人になる」。圧勝。

まだ劇中でも出てきてすぐなので詳しい情報はあまりわからないにしろ、XX、要するにレベルX(=レベル10)のライダーが2人になるわけだ。今まで出てきた一番強いやつでも、ゲンムのゾンビゲーマーレベルXがMAXだったんだが、それと同レベルのやつが2人がかりで戦えることになる。これがどんだけ強いか冷静に考えるとスゴい。

広辞苑で「数の暴力」って引いたら「マイティブラザーズXX」って出てくると思うよ。これぞまさに数の暴力。同じ力のやつが3人集まって1人と2人に分かれたとき、1人のほうが勝つ確率は限りなくゼロに等しい。

メッシ2人対メッシ1人のハーフコート勝負で1人が勝つほうに賭けるやつは絶対競馬とか弱い。競艇も弱い。蛭子さんなら絶対「カタいね」って言って2人のほうに賭ける。オッズがグンと下がる。「この場はインが極端に強いからね。1号艇松井のイン逃げ速攻で決まりだよね」とか言ってそう。

 

とりあえず次回以降、どんだけ強いのかじっくり見させてもらいたい。しかしこうなると、多分エグゼイドの最強形態はまだあとに出てくるだろうけど、ダブルアクションゲーマーレベルXXを倒すことになるバグスターがいったいどれだけ強いのかが気になる。

ていうか、仮面ライダーって子供向けだよね?数の暴力でゴリ押していいの?倫理的に大丈夫?東映BPOからなんかこないか心配だよ。

あと、貴利矢さん。頼むから32話あたりで戻ってきてくれ。できればちょっとやさぐれて戻ってきてくれ。「どうせ俺なんか」とか言いつつ謎の子分数人引き連れて戻ってきてくれたら今後数十年はエグゼイド観るから。頼む。